, , , ,

シベリアのバイオリン コムソモリスク第二収容所の奇跡

◆書籍購入案内

 

◆書籍紹介

「バイオリンを思う存分弾きたい! 」その一念で著者の父、窪田一郎は、戦時下の昭和18年、17歳で満州に渡った。 しかし、待っていたのはシベリア抑留という過酷な現実。捕虜生活が長引くなか、一郎は廃材を集めてこっそりバイオリンをつくりはじめた。それをきっかけに、収容所で楽団と劇団が生まれ、やがて一郎たちは、日本向け短波ラジオで演奏することに。その時、楽団長は誰も予想していなかった行動に出て…。

*数万の人が命を落としたとされているシベリア抑留。本書はその歴史的事実を伝えると同時に、そんななかでも音楽や芸術文化に喜びを見いだし、希望を捨てず生き抜いた人々がいたことを教えてくれます。みんなの願いが集まったところに訪れる奇跡の瞬間を、ぜひ受け取ってください。

 

◆著者プロフィール

窪田由佳子(くぼた ゆかこ)
1955年 静岡市生まれ。武蔵野音楽大学ピアノ専攻卒業。
1981~1982年 ドイツ、ケルンに留学。
1983~1987年 バレエ・コレペティとして六本木スタジオ一番街等に所属。
1992~2017年 常葉大学に非常勤講師として勤務。静岡市在住。静岡県文学連盟所属。
現在、OZAWA MUSICにてピアノの指導の傍ら、演奏活動もおこなっている。

 

◆書籍データ

タイトル シベリアのバイオリン コムソモリスク第二収容所の奇跡
著者名 窪田 由佳子
発行年 2020年
ページ数 四六判上製 112ページ
価格
1200円+税
ISBN ISBN978-4-88503-255-4

ページ上部へ戻る