, ,

「老子」新訳:名のない領域からの声/加島祥造

タイトル 「老子」新訳:名のない領域からの声
著者名 加島祥造
発行年 2013年
ページ数 四六判並製 224ページ
価格 1500円+税
ISBN ISBN978-4-88503-226-4

amazonで見る

△トンガラズ□カクバラズ○コロガッテユク

『タオ・ヒア・ナウ』から21年、新たな境地に立った著者が、「老子道徳経」81章をさらにシンプルでストレートな詩で紡ぐ。まるで、2500年前の老子がすぐとなりにいて、語りかけてくるような生きた言葉が躍る。90歳を迎えた詩人は、さらに深みのある言葉で、私たちに元気と勇気を与えてくれる。

【プロフィール】加島祥造(かじましょうぞう)
大正12年東京・神田生まれ。90歳。早稲田大英文科卒。米カリフォルニア州クレアモント大学院に留学。帰国後、信州大、横浜国大などで英文学を教える一方、多くの英米文学の翻訳を手掛けた。約20年前から長野・伊那谷に独居。主な著書に「タオ ヒア・ナウ」(PARCO出版)「タオー老子」(筑摩書房)。平成19年に出版した詩集「求めない」(小学館)は約40万部のベストセラーになった。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

書籍・希少本の購入はこちら

書籍・希少本の購入はこちら

おすすめ商品

  1. なまけ者のさとり方 《増補改訂新版》/タデウス・ゴラス 著 山川紘矢・亜希子 訳
  2. 共鳴力  ダイバーシティが生み出す新得共働学舎の奇跡  /宮嶋望
  3. ポエタロ~いのちの車輪をまわす言葉~
  4. ワタが世界を変える : 衣の自給について考えよう /田畑健
  5. 生きてるって、幸せー! Love &Peace:Peace編/田口ランディ
  6. みなまたの木 改訂復刻版 三枝 三七子
ページ上部へ戻る