超死考  わたしはどこからきてどこへゆくのか/おおえまさのり

タイトル 超死考  わたしはどこからきてどこへゆくのか
著者名 おおえまさのり
発行年 1987年
ページ数 四六判上製 240ページ
価格 1600円+税
ISBN ISBN4-88503-060-4 C0010 \1600E

死が劈かれるとき、世界(私と環境)が開かれる。
――ニューエイジの死生観。

著者は、「死ぬことを学べ、そうすれば生きることを学ぶであろう」と教える『チベットの死者の書』の最初の邦訳者である。死は生あるものに必ず訪れ、生は死を抜きにして意味づけられないことは明白であるにも関わらず、我々の生活では死は隠ぺいされている。本書は、死の臨床報告、超個心理学(トランスパーソナル)、神秘思想、東洋思想、カウンターカルチャー思想などを縦横無尽に駆使して、死の諸相を明らかにする。そこから生まれる死生観は、我々を深遠な宇宙のいのちへと解き放つ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

希少本の購入はこちら

希少本の購入はこちら

おすすめ商品

  1. ワタが世界を変える : 衣の自給について考えよう /田畑健
  2. 西表島・紅露工房シンフォニー〜自然共生型暮らし・文化再生の先行モデル
  3. 誰のための憲法改「正」?  自民党草案を読み込むワクワク出前講座  /馬場利子
  4. ポエタロ~いのちの車輪をまわす言葉~
  5. シベリアのバイオリン ~コムソモリスク第二収容所の奇跡
  6. 共鳴力  ダイバーシティが生み出す新得共働学舎の奇跡  /宮嶋望
ページ上部へ戻る