, , ,

釈尊の断食法 心身を覚醒させるウポワズと呼吸法/前田行貴

タイトル 釈尊の断食法 心身を覚醒させるウポワズと呼吸法
著者名 前田行貴
発行年 2012年
ページ数 四六判並製 192ページ
価格 1500円+税
ISBN ISBN978-4-88503-217-2

ブッダが説いた「悟り」と「健康」への
確かな道が今、鮮やかによみがえる

著者は、17歳で初めて断食を体験して以来60年、インドで本格的に断食を実践研究し、国内でも長年指導に当たられています。
インドといえば仏教発祥の地。お釈迦様が悟りに至る過程では、断食が大変重要な役割を果たしました。このことは単なるエピソード以上に、現代に生きる私たちにとっても大きな意味を持っています。断食は体が本来持っている力を目覚めさせ諸器官を活性化します。と同時に体を空にすることは自分を見つめ直すチャンス。身体機能と心の問題を切り離さず、断食を生き方の指標として語っているところが本書の特徴です。
断食がいかに人間の心身にとって必要かつ有効か、それを本書の前半でじっくり語り、後半は断食の実践です。著者の提唱される方法は、断食のあとで梅湯を飲むことで胃腸の中を洗い流し、宿便を出すというものです。これは自らの体験と理論的な研究、そして長年の指導実績に基づいて、体に無理のかからないよう工夫されて生まれた方法です。自分で実行できるように、ていねいに解説されています。
そして断食の際に特に重要になってくるのが呼吸法。坐禅の呼吸法として知られる「丹田呼吸」が本書のもう一つの柱です。丹田呼吸法と断食が結びついて心身にどんな変革をもたらすか、ぜひ読んで実践してみてください。

【目次】

第一部 釈尊の断食法
第一章 釈尊の悟りへの道-ウポワズ(断食)と呼吸法
第二章 ウポワズ(断食)の意義
第三章 ウポワズ(断食)の実践法
第四章 先人の食法の教え
第五章 宗教とウポワズ(断食)
第二部 釈尊の呼吸法

【著者プロフィール】

前田行貴(まえだ ぎょうき)
1926年熊本県生まれ。熊本大学理学部研究科(植物生理生態学)修了。1955年よりインドのマハトマ・ガンディー大学教授、パンジャブ大学教授および農学部長、アジア救ライ協会総主事を歴任。17歳の時に断食を体験し、虚弱体質を克服して以来、インドで断食とあわせてヨーガや呼吸法を学び、実践・研究を続けてきた。1975年より日本各地のウポワズ(断食)の会で指導に当たっている。現在、日印教育協会総裁。国際学究者アカデミー名誉会員。

こちらから書籍の検索ができます。

書籍・希少本の購入はこちら

書籍・希少本の購入はこちら

おすすめ商品

  1. 超入門 生命起源の謎 1時間でわかる最新アストロバイオロジー!
  2. 共鳴力  ダイバーシティが生み出す新得共働学舎の奇跡  /宮嶋望
  3. 神風ニート特攻隊/荒川祐二
  4. みなまたの木 改訂復刻版 三枝 三七子
  5. なまけ者のさとり方 《増補改訂新版》/タデウス・ゴラス 著 山川紘矢・亜希子 訳
  6. ポエタロ~いのちの車輪をまわす言葉~
ページ上部へ戻る