, , ,

わらのごはん/船越康弘・船越かおり

タイトル わらのごはん
著者名 船越康弘・船越かおり共著
発行年 1999年
ページ数 B5判並製 168ページ
価格 3000円+税
ISBN ISBN4-88503-148-9 C0077\3000E

おいしく、楽しく、ありがたく

自然食料理で人気の民宿「わら」。その、楽しくて心あたたまるメッセージと、今日から始められるやさしいレシピの数々。食を楽しみ、毎日をいきいきと生きるためのヒントが満載! 今、真に豊かな食のあり方を提案する、暮らし方読本です。

【目次】

わら-その料理とこころ
わら料理の基本

重ね煮/ごはん/一汁一菜/パン/だし
無季の章
ソース・ドレッシング/常備菜/おやつ
春の章 三月~五月
春の重ね煮料理/竹の子のばっかり食/豆腐ハンバーグ/竹の子の木の芽和え/じゃがいもとにらのジョン/梅豆腐/春野菜の重ね蒸し/ひじきと玉ねぎのツナサラダ/しいたけとじゃがいもの炒め物/ごま和え三種/ほか
夏の章 六月~八月
夏の重ね煮料理/きゅうりのばっかり食/なすのばっかり食/ごま味噌きゅうり/キャベツと青しその重ね漬け/ひじき餃子/枝豆豆腐とかぼちゃ豆腐/オクラの冷汁/きゅうりの冷汁/ごまだれそうめん/夏野菜とナッツの重ね煮炒め/ほか
秋の章 九月~十一月
秋の重ね煮料理/ごぼうのばっかり食/芋のばっかり食/しめじごはん/栗おこわ/五目ごはん/焼きビーフン/けんちん汁/梅ごぼう/ごぼうのフリッター/里芋田楽味噌/じゃがいもの照り煮/きのこスパゲティー/野菜のテリーヌ/ほか
冬の章 十二月~二月
冬の重ね煮料理/れんこんのばっかり食/大根のばっかり食/かぶのばっかり食/れんこんまんじゅう/れんこんの梅肉和え/れんこんバーグ/大根のきんぴら/大根サラダ/キムチ/味噌煮込みうどん/わら風雑煮/味噌豆腐/わら風すき焼き/粕汁/梅雑炊/親子丼/ほか
番外編
生グルテン/生麩カツ/竹の子の下処理/わらびのアク抜き

かおりの夢
康弘の夢
夫婦のような関係-料理と器・その夢の出会い
あとがき

【著者プロフィール】

船越康弘(ふなこしやすひろ)
1956年、岡山県早島町に生まれる。姉の病気を契機に自然食に興味を持ち、20歳の頃、食養料理の大家小川法慶氏に出会って、氏のもとで修行。 1986年、岡山県川上町に自然食料理を提供する民宿「百姓屋敷わら」を開業する傍ら、エコロジー、環境問題に取り組む。“地球のリズムで自然食”をモットーに、まずよき父親、次によき夫、そしてよき料理人を目指す。 著書『おいしく楽しくありがたく』(カタツムリ社刊)、『穀物菜食動物・人間』『アトピーなんかぶっとばせ』『健康は台所から』(以上、美健ガイド社刊)、『わらの料理』(船越かおり共著・百姓屋敷わら刊)

著者へのリンク関連

HP:http://wara.jp/

ブログ:http://wara.jp/blog/

Twitter:https://twitter.com/waraclub?lang=ja

船越かおり(ふなこしかおり)
1956年、和歌山県有田市に生まれる。1980年、24歳で康弘と結婚。二男一女の母。 1985年、岡山県川上町に移り住み、「百姓屋敷わら」の開業に尽力。10代後半に玄米菜食を知り、今は“おいしいことはいいことだ!”をモットーにした自然食を実践している。共著『わらの料理』

こちらから書籍の検索ができます。

書籍・希少本の購入はこちら

書籍・希少本の購入はこちら

おすすめ商品

  1. 生きてるって、幸せー! Love &Peace:Love編/田口ランディ
  2. なまけ者のさとり方 《増補改訂新版》/タデウス・ゴラス 著 山川紘矢・亜希子 訳
  3. 西表島・紅露工房シンフォニー〜自然共生型暮らし・文化再生の先行モデル
  4. ポエタロ~いのちの車輪をまわす言葉~
  5. 共鳴力  ダイバーシティが生み出す新得共働学舎の奇跡  /宮嶋望
  6. ワタが世界を変える : 衣の自給について考えよう /田畑健
ページ上部へ戻る